アナウンサーの資質を養うスクールです

局アナを目指す人の大半はアナウンススクールの門を一度は叩きます。ただ既存のアナウンススクールでやっていることが採用試験の対策になっているかどうかを現役のアナウンサーに聞くと、疑問の声の方が多く返ってきます。もちろんアナウンサー試験特有のフリートークや原稿読みなど、やっておかないと試験の時にどうしたらいいかわからないというものもあります。しかし、カメラをことさら意識した喋りや屋外でのリポート実習、実況をとことん練習する授業などは、いきなりプロとしてしゃべるなら必要かもしれませんが、実際の試験では直接役に立つかは疑問という声も多かったのです。多くのアナウンサーが、採用試験を受けて初めて「アナウンサーのままごと」や「プロ気取りでしゃべっている」だけでは対応できないということに気が付いたというのです。

採用試験では「完成形」より「可能性」を面接官は見ています。

「うまくニュースが読めるから」「うまくリポートができるから」「うまく実況ができるから」だけでは受からないのがアナウンサー試験です。美容師や調理師のように、カリキュラム通りにやっていれば免許をもらえる職業ではないのです。実際の採用試験では アナウンサーの真似がうまくできるかどうかではなく、「アナウンサーとしての資質」があるかどうかが問われます。当スクールのカリキュラムは、見た目がうまいアナウンサーを養成する目的ではなく、アナウンサーとしての資質を身に着ける観点から作成されています。アナウンサー試験では、あなたの 『アナウンサー力』 が問われています。

アナウンサー採用試験を徹底意識!

どんなに原稿をきれいに読めても、どんなにトークがうまくても、時間内に収めきれなかったり、逆に時間が余った場合に、とっさの機転でそれを埋める能力がないとアナウンサーしては失格です。 プロになってからは発音や発声など基礎もしっかりとやらないといけませんが、アナウンサー試験の段階でより大切なのは、課せられた課題に瞬時に対応する能力と、様々な人が聞いていることを常に意識できているかという点です。 当スクールでは、 アナウンサーとしてのしゃべりのスキルを磨くのはもちろん、「いざという時の対応力」 強化や 「不特定多数に対するしゃベり」 の意識づけを常にさせることで、採用試験に必要な 『アナウンサー力』 を高める授業を行います。

あらゆるシーンで活躍する現役フリーアナウンサーが講師

キー局から規模の異なる地方局まで、難関のアナ試験をくぐり抜けてきた元局アナが講師をつとめます。そのため試験段階に応じたアドバイスが可能です。また現在もそれぞれがフリーアナとして現場に出ているため新鮮な情報もフィードバックできます。
さらに、アナウンサー試験には欠かせぬサイトとなっているアナウンサーを目指す人のための就職情報サイト「アナなるドットコム」との提携で、アナウンサー試験の最新情報に基づいたアドバイスも可能です。
アナなるドットコムとの連携についてはこちら>>

受講の申し込みはこちら

申込フォーム